フランチャイズ加盟店になることの心得

直営店の教えをしっかりと守る

フランチャイズ加盟店になる事は、売上の部分で非常にメリットがありますが直営店の教えをしっかり守る事を常に意識しなければいけないです。自分がオーナーになりますがあくまで直営店から看板を借りての営業となります。つまり、直営店の教えを守らないような事があると直営店からクレームがくる事があり再度指導を受ける可能性もあります。そうなると直営店からの評価が落ちて最悪フランチャイズ契約を解除される事があり注意しなければいけないでしょう。

加盟店に入ると、初め直営店の担当者から指導を受ける事が出来るのでその時に教えられた事をすべて把握する必要があります。もし、分からないことがあればその都度聞いて直営店の名を汚さないように健全に営業します。

現状に満足しないことが大事

フランチャイズ加盟店は、営業を開始した直後からある程度の収益を確保する事が出来ます。特に人気があり知名度が高い看板を借りる事が出来れば順調に売り上げを伸ばす事が出来ますよね。しかし、この現状に満足していると細かい部分が愚かになって次第に売上が減少する可能性があります。現に、フランチャイズ加盟店の中には売上が減りお店を閉める事になったケースも珍しくないので現状に満足せずに常に向上心を持って営業していく事が大事です。

例えば、商品やサービスを積極的に宣伝したり従業員の教育に力を入れてスキルが高い従業員を育てていきます。従業員のスキルが高くなれば、仕事の成果も上がり目標売上をクリアしやすい状況になります。