フランチャイズのデメリット

お金について理解しておきましょう

これから何かしらの事業を始める際に、フランチャイズ契約をするという方法があります。メリットは多いのですが、少なからずデメリットが存在しています。そこで後になってこんなはずではなかったといったことにならないように、しっかりと理解しておきましょう。中でもお金に関しては重要です。フランチャイズ契約をすると、個人でやるよりも少ない費用で開業できるケースがほとんどです。ただしその分、売り上げの一部を本部に支払わなければいけないのです。いわゆる「ロイヤリティー」と呼ばれているもので、フランチャイズ契約をしている間はずっと支払い続けることになります。しかしたいていのところでは売り上げに応じた金額を請求されるため、赤字なのに支払いを求められるといったことは少ないです。

いろんな制約があります

例えば他の店舗に行って、これは良いなと感じる商品があったとします。しかしフランチャイズ契約をしている場合、他社で扱っている商品を自店舗で販売することはできないのが一般的です。それは技術や道具に関しても同様で、本部が作ったマニュアルに従って行い、提供されたものを使って作業をしなければいけません。もしも守らなかった際には、違約金を取られる可能性があるので注意が必要です。そして意外と見逃してしまいがちなのが、フランチャイズ契約が終了した後のことです。職種にもよるのですが、基本的には契約が終わっても同業他社に就職する、あるいは同業の会社を開業することは認められません。これは自社の技術が流出するのを防ぐためで、ノウハウを学んでから独立するといったことはできないです。